飛び火認定書ダウンロード

耐火構造に用いる耐火屋根下地の上には、屋根勾配が30度以内、かつ指定の断熱材*1(厚さ50mm以下)で、指定の防水材料*2は施工できますが、それ以外の構造・仕様で施工を行う場合は、国土交通省の認定書が必要となります。

* 1 指定の断熱材 ポリスチレンフォーム、ポリスチレンフォーム、硬質ポリウレタンフォームその他これらに類する材料を用いたもの
* 2 指定の防水材 アスファルト防水工法、改質アスファルトシート防水工法、塩化ビニル樹脂系シート防水工法ゴム系シート防水工法、塗膜防水工法

《参考》 告示 平12建告 第1365号

防火地域又は準防火地域内の建築物の屋根の構造方法を定める件
建築基準法(昭和25年法律第201号)第63条の規定に基づき、防火地域又は準防火地域内の建築物の屋根の構造方法を次のように定める。

第1   建築基準法施行令(昭和25年政令第338号。以下「令」という。)第136条の2の2各号に掲げる技術的基準に適合する屋根の構造方法は、次に定めるものとする。
  不燃材料で造るか、又はふくこと。
  屋根を準耐火構造(屋外に面する部分を準不燃材料で造ったものに限る。)とすること。
  屋根を耐火構造(屋外に面する部分を準不燃材料で造ったもので、かつ、その勾配が水平面から30度以内のものに限る。)の屋外面に断熱材(ポリエチレンフォーム、ポリスチレンフォーム、硬質ポリウレタンフォームその他これらに類する材料を用いたもので、その厚さの合計が50ミリメートル以下のものに限る。)及び防水材(アスファルト防水工法、塩化ビニル樹脂系シート防水工法、ゴム系シート防水工法又は塗膜防水工法を用いたものに限る。)を張ったものとすること。
第2   令第136条の2の2第一号に掲げる技術的基準に適合する屋根の構造方法は、第1に定めるもののほか、難燃材料で造るか、又はふくこととする。

以下の仕様は飛び火認定されておりますので、ダウンロードしてご利用下さい。

サンタックIBシート
下 地 構 造 勾 配 断熱材 適用工法 ダウンロード
木造 30°以下 ・ ポリスチレンフォーム 10〜150mm
・ なし
HDF
HD
DR-0248認定書

DR-0248別添
木造 30°以下 なし BM
HD
DR-0151認定書

DR-0151別添
木造 30°以下 ポリスチレンフォーム 厚さ25mm HDF DR-0492認定書

DR-0492別添
デッキプレート
フラット状
デッキプレート
30°以下 ・ 硬質ウレタンフォーム 25〜150mm
・ フェノールフォーム 25〜150mm
MF
DF
DR-0153認定書

DR-0153別添
折板屋根 ・ 硬質ウレタンフォーム 50〜100mm RS DR-0048認定書

DR-0048別添
RC
ALC
PC
30°以下 ・ ポリスチレンフォーム 50〜150mm   DR-0024認定書

DR-0024別添
木造 30°以下 なし BM
HD
DR-1649認定書

DR-1649別添
※ALC下地にNHD工法は選定しないで下さい。